肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科
肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科

コンシーラーを使いこなして美肌に!人気アイテムを徹底調査

Sitemap

  • さまざまなお悩みに効果を発揮!コンシーラー総合ランキング
  • お悩み別おすすめコンシーラーランキング
  • お悩み別ランキング1位を使ってみた
  • 人気のコンシーラーセクション

総合ランキングTop3

コンシーラーの人気徹底比較 HOME  » 【タイプ別】コンシーラーの選び方・使い方 » スティックタイプ

スティックタイプ

ここでは、コンシーラーのスティックタイプについて詳しく解説しています。

はじめてでもサッと塗るだけで使いやすい

スティックコンシーラーカバーマークコンシーラーと言えばスティックタイプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

いつものファンデーションで隠しきれない、部分的なコンプレックスにそのままダイレクトに塗るだけなので、簡単なのが良いですよね。

サッとくり出して使い、塗りすぎになることもないので、コンシーラー初心者さんでもムリなく使いこなせると思います。

一度に塗れる範囲は狭いので、広範囲のカバーは難しいですが、スポットで使いたいならおすすめのカタチです。しっかり肌につきやすい質感で、濃いシミやクスミ、クマもしっかり隠せます。

口紅サイズのコンパクトな製品が多いですので、ポーチの中に入れて化粧直しの時にも携帯しやすく便利なタイプです。

メリット

  • 部分的な細かいシミやクマを隠せるカバー力の高さ。
  • 直接肌につけられるので、手が汚れにくい。
  • 全体的にはファンデ、気になる部分はコンシーラーで組み合わせて使える。
  • 小さいのでポーチの中に入れて持ち運びべる。

デメリット

  • 一度につけられる範囲が狭いため、広範囲のカバーはできない。
  • かたい素材のものが多く、シワや色ムラができやすいことも。
  • ファンデーションとなじませるのが難しい。
  • ベタッとした使用感が気になる方も多い。

スティックタイプを語る!サイト管理人のアドバイス

【選び方のヒント】

部分的なカバー力は他の種類よりもスティックタイプが高いと思います。でも、その分ベタッと感があり、ナチュラルに仕上がりにくいことも。

スティックはプチプラコスメも多く発売されていますが、お肌に違和感のない色味と、仕上がりがキレイなコンシーラーを選ぶといいと思います。

【使い方のヒント】

気になる部分に塗り込んだら、きちんとのばしてください。そのあとにパウダーファンデーションを使う際は軽くのせて、それぞれの色味と上手になじませるのが自然に見せるコツです。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。最新情報などは、各ブランドの公式ホームページをご確認ください。