肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科
肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科

コンシーラーを使いこなして美肌に!人気アイテムを徹底調査

Sitemap

  • さまざまなお悩みに効果を発揮!コンシーラー総合ランキング
  • お悩み別おすすめコンシーラーランキング
  • お悩み別ランキング1位を使ってみた
  • 人気のコンシーラーセクション

総合ランキングTop3

コンシーラーの人気徹底比較 HOME  » 【タイプ別】コンシーラーの選び方・使い方 » ペンシル

ペンシル

ここでは、ペンシルタイプのコンシーラーについて詳しく解説しています。

細かい部分に使いやすいペンシル型コンシーラー

シュウウエムラのペンシルコンシーラー皆さん誰しも「この濃いシミさえなければ!」「このほくろを消したい!」という気になる部分はありますよね。コンシーラーは色々な種類がありますが、スポットで使いたいならペンシルタイプが一番です。

ペンシルは何と言っても、鉛筆と同じように持って、ダイレクトに気になる部分をカバーできるところがポイント。細かい箇所にも使えるので、小さなシミやほくろにおすすめなんです。

傷痕や細かいソバカスにも使用している方多く、かためで伸びにくい使用感は落ちにくいため、持ちもいいようですね。

そのかわり、広範囲のカバーには向かないので、スポット用コンシーラーとして、他の種類と組み合わせて使うのが良いかと思います。

メリット

  • 細いのでシミやほくろに塗りやすい。
  • 鉛筆を持つように描けるので使いやすい。
  • 一度つけると落ちにくく化粧くずれしにくい。
  • 細いのでポーチに入れて持ち歩いても邪魔になりにくい。
  • 固めなので折れにくく丈夫に使える。

デメリット

  • 芯がかたいものは、つけたとき刺激を感じることも。
  • 広範囲のカバーは難しい。
  • 細かくつくので、何カ所もカバーしたい時には時間がかかる。

ペンシルタイプを語る!サイト管理人のアドバイス

【選び方のヒント】

鉛筆タイプやくり出し式もあり、製品によってかたさやつけ心地が違います。

シミや傷痕に使うなら、あまりにもカタすぎる質感のものは、肌への刺激となって良くありません。芯のやわらかさや、肌にのせたときの色のつき具合など、一度試してから選ばれた方が良いと思います。

【使い方のヒント】

ぐるぐると強く塗ると肌を傷めるため、優しくポンポンとのせるようにすると自然にカバーできます。

うまくボカしたい場合は、綿棒やブラシ、チップなども活用するとキレイに仕上がりますよ。

ペンシルで丁寧に細かいシミやほくろをカバーすると、メイクの仕上がりが格段に違うことを実感できるはずです。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。最新情報などは、各ブランドの公式ホームページをご確認ください。