肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科
肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科

コンシーラーを使いこなして美肌に!人気アイテムを徹底調査

Sitemap

  • さまざまなお悩みに効果を発揮!コンシーラー総合ランキング
  • お悩み別おすすめコンシーラーランキング
  • お悩み別ランキング1位を使ってみた
  • 人気のコンシーラーセクション

総合ランキングTop3

コンシーラーの人気徹底比較 HOME  » 【タイプ別】コンシーラーの選び方・使い方 » リキッド

リキッド

ここでは、コンシーラーのリキッドタイプについて詳しく解説しています。

どの部分でも馴染む伸びの良さがリキッドの良さ

RMKのリキッドコンシーラーリキッドタイプは液状のため、凹凸のある部分でも広範囲に使いやすいコンシーラー。みずみずしい感触で自然なツヤ感を出しながらカバーしてくれます。

隠したい部分や明るく見せたい部分に軽くのせ、指やブラシで伸ばすだけで自然に仕上がり、カバーした上からファンデーションをのせてもなじみやすいです。

目のクマなど皮膚の薄い部分にも、潤いを与えながらカバーできるのが良いところでしょう。

メリット

  • みずみずしいツヤ感を出しながら自然にカバーできる。
  • 液状なので肌の上でのばしやすい。
  • 凹凸のある小鼻や目の下などにも使いやすい。
  • しっとりと仕上げるのでパウダーファンデと相性が良い。
  • 厚塗り感を感じさせずに隠したいところを隠せる。

デメリット

  • 濃いシミや傷痕、そばかすなどを隠すほどの強いカバー力ではない。
  • 肌への伸ばし方によってカバー力にムラができやすい。
  • コンシーラー初心者の方には使い方が難しいと感じられる場合も。

リキッドタイプを語る!サイト管理人のアドバイス

【選び方のヒント】

リキッドタイプは、製品によりカバー力も色味も違うため、価格重視ではなくクオリティの高さで選びたいところ。カバー力と自然な仕上がり感を両立している製品もありますので、ぜひそういうものを選びたいところです。

筆ペンタイプやチップタイプなど形状も色々ですので、部分的に使うのか、全体にのせたいのかなど目的に合ったものを選ぶと良いかと思います。

【使い方のヒント】

効果的な使い方としては、リキッドはベースの肌全体を明るくすることには強いのですが、濃いシミなどを隠すまでのカバー力は少なめ。スティックやペンシルなど部分カバーに強いタイプと組み合わせて使うのもおすすめです。

リキッドならではのみずみずしい質感を活かし、仕上げのファンデは肌の色味を整えるぐらいで、軽くのせましょう。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。最新情報などは、各ブランドの公式ホームページをご確認ください。