肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科
肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科

コンシーラーを使いこなして美肌に!人気アイテムを徹底調査

Sitemap

  • さまざまなお悩みに効果を発揮!コンシーラー総合ランキング
  • お悩み別おすすめコンシーラーランキング
  • お悩み別ランキング1位を使ってみた
  • 人気のコンシーラーセクション

総合ランキングTop3

コンシーラーの人気徹底比較 HOME  » 【タイプ別】コンシーラーの選び方・使い方 » クリームタイプ

クリームタイプ

ここでは、コンシーラーのクリームタイプについて詳しく解説しています。

しっかり塗れて気になる部分を隠せるカバー力

資生堂のクリームコンシーラーしっかりめのテクスチャーが多いクリームタイプ。クリーム状の製品は、コンパクト(パレット)にはいっているものやジャータイプのものがあります。

ブラシや指にとって、自分の好みの濃さで肌にのせることができますし、広い範囲でも凹凸のある部分でもサッとつけやすいので、コンシーラー初心者さんでも手軽にお悩み隠しができると思います。

クマやほうれい線、頬のニキビ痕、唇まわりのくすみなど、色々なところに使いやすいのが良いところ。ただし、あまり広い範囲にたっぷり使いすぎると、厚塗りになり、パウダーファンデやフェイスパウダーなどで仕上げてもナチュラル感が出にくくなるので要注意。

それでも、気になるところに使う部分隠しという面ではとても優秀ですので、他のコンシーラーやファンデなど組み合わせて使うのも良いでしょう。

メリット

  • 濃いシミやニキビ痕、ほくろなどもキレイに隠すことができる。
  • ブラシや指でサッとつきやすいテクスチャー。
  • しっかり肌色がついてくれるからメイクが苦手な方でも使いやすい。
  • 部分的~広範囲まで色々な悩みに使える。
  • コンパクトなケースに入っていて持ち運びがしやすい。

デメリット

  • 濃くて固いテクスチャーなので使い方によっては厚塗り感が出やすい。
  • ファンデと質感が違いぴったりの色が無ければ仕上がりがうきやすい。
  • ベタッとした使用感が季節によっては気になる場合もあり。
  • 広範囲で使うと、固めのテクスチャーのためクレンジング時落ちにくい。

クリームタイプを語る!サイト管理人のアドバイス

【選び方のヒント】

しっかり隠せるクリームタイプだからこそ、部分的に肌色は目立ってしまいます。ファンデの色と浮かないように、自分の肌と同じくらいのトーンのものを選びましょう。

ちょうどよいカラーがない場合は、白く浮き上がらないためにも、ワントーン暗めの方がなじみやすいです。

【使い方のヒント】

クリームタイプは、気になる部分にブラシや指などでのせて、軽く叩くようにのばしてつけます。ファンデーションやフェイスパウダーをその上から重ねると、より自然に仕上がると思います。

しっかりとしたテクスチャーなので、シミやほくろ、傷痕などにもしっかり色味をのせやすいです。ただし、厚塗り感が出やすいので、注意して少しずつのせていきましょう。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。最新情報などは、各ブランドの公式ホームページをご確認ください。