肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科
肌の悩みをキレイに隠す!コンシーラー大百科

コンシーラーを使いこなして美肌に!人気アイテムを徹底調査

Sitemap

  • さまざまなお悩みに効果を発揮!コンシーラー総合ランキング
  • お悩み別おすすめコンシーラーランキング
  • お悩み別ランキング1位を使ってみた
  • 人気のコンシーラーセクション

総合ランキングTop3

コンシーラーの人気徹底比較 HOME  » 【おまけ】こんな使い方も!コンシーラーの活用法

【おまけ】こんな使い方も!コンシーラーの活用法

このページでは、コンシーラーの様々な使い方について記載しています。

番外編!まだまだあるコンシーラー活用法

コンシーラーは、お悩みを隠すだけではありません!

パレット、チップ、ジャー、部分的に使うスティックやペンシルまで形状もさまざまで、テクスチャーもかため~やわらかめ、とろとろしたリキッドまで、幅広く展開されています。

それぞれをうまく使い分け、お悩みを解消するのはもちろん、他にも色々な使い方ができるんです。ここでは、番外編として、ぜひ応用してもらいたい「コンシーラーメイクアップテクニック」をご紹介いたします。

メイクテクニック1 ハイライト効果で立体感アップ

ハイライト効果コンシーラーワトゥサコンシーラーは、ただ隠すということにとどまらず、ハイライトとして使って顔に立体感を出していくという新しい使い方ができます。くすみのページでも明らかですが、パレットタイプのコンシーラーには、肌色から明るい白の数色が組み合わせになっているものがあるんですよ。

ハイライト効果のあるコンシーラーでおすすめなのは、「ワトゥサ スーパーカヴァーファンデーションポッツ」

クマやシミなどのコンプレックス部分を少し暗めの色で隠し、明るい色の方でなじませます。そして最後に明るくトーンアップさせるハイライトカラーを頬や鼻、目の上などにのせて、光と影をつくっていくというもの。

ハイライト効果でくすみが目立たなくなり、リフトアップ効果も期待できますので、ぜひ試してみてください。

ワトゥサ スーパーカヴァーファンデーションポッツ

メイクテクニック2 ファンデなしで仕上げる上級メイク

ファンデなしメイク1ワトゥサコンシーラーを使う場合、重ねるファンデの仕上げ方って難しいですよね。

種類にもよりますが、リキッドファンデならファンデ→コンシーラー→パウダーの順。パウダーファンデならコンシーラー→ファンデの順に使います。

でも、両方使っているとどうしても厚くなりがち。そこでおすすめしたいのが、思い切ってファンデーションを使わないという方法!コンシーラーで全体的にカバーしてフェイスパウダーで仕上げると、実はナチュラルに仕上がるんです。

ファインデなし2イプサただ、この場合に使えるコンシーラーは、広範囲に伸ばしてもナチュラルに仕上がるパレットタイプやリキッドタイプの製品。テクスチャーが比較的軽いものを選ぶのがコツです。フェイスパウダーが光沢感を出して、自然な仕上がりになります。

おすすめは以下のコンシーラー。ぜひお試しください。

ワトゥサ スーパーカヴァーファンデーションポッツ

イプサ クリエイティブコンシーラー

メイクテクニック3 傷やあざを隠すワザ

傷あざ隠し資生堂コンシーラーで隠せるのはシミやクマばかりではありません。顔の傷やアザを上手にカバーしてくれる製品もあるんです!

わりと色が濃い部分を隠さなくてはならないため、しっかりと肌色をのせられるカバー力が強いものを選ぶことが大切です。

医療用コンシーラーも化粧品メーカーから発売されていますが、このサイトで紹介している製品の中にもカバー力が高いものがありますので、一度試してみてください。水分が多く、ナチュラル感がでやすいリキッドは不向きで、かための質感のものがおすすめです。

あざや傷痕に刺激を与えないように、軽くポンポンとのせていくようなイメージで。仕上げにパウダーファンデやフェイスパウダーで、濃くのせたコンシーラーと肌との境目をぼかしていくようにします。

傷やあざにおすすめなのは、以下のアイテム。ただ、悪化する恐れもありますので、使用時は注意してくださいね。

資生堂 スポッツカバーファウンデイション

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。最新情報などは、各ブランドの公式ホームページをご確認ください。